You are here:

カジ旅の全て 入金・出金方法から違法性まで【RPGオンラインカジノ】

カジ旅が違法に当たらない理由は、運営会社の拠点が海外にある為です。 カジ旅はキュラソーのライセンスを取得して運営しているので合法と言えます。 しかし、日本国内からオンラインカジノに接続してお金を賭ける事は賭博になります。 日本国内からオンラインカジノで遊ぶ場合は、無料版やデモプレイ、入金不要ボーナス等お金を賭けずにお楽しみ下さい。

  • さらにNetEntの超人気スロット「Starburst」で使えるフリースピン100回分も進呈されます。
  • このように違法とは言えない以上、オンラインカジノは問題なく遊べるという解釈ができます。
  • カジ旅の入金に関する詳細 決済方法別の入金方法 入金ができない場合 …

サイトがライセンスを取得していない場合は違法なサイトであり、安全性が認められないということになります。 カジ旅は海外に拠点を置くオンラインカジノ・ブックメーカーで、日本で遊ぶことは明確に禁止されていません。 日本からギャンブルを合法とする国に拠点を置くサイトでスポーツベットやカジノをしても違法であるとする法律がありません。 また、運営会社の名前や住所などの詳細情報が記載されていないオンラインカジノも信頼性は低く、悪質カジノである可能性が高いです。

日本国外でもプレイすることは可能ですか?

顔つきの身分証明証は有効期限内であること、住居確認書類は3ヶ月以内に発行された書類あることが条件となっています。 スポーツベッティングは、ギャンブルとして稼げる側面で人気がある一方で、スポーツ鑑賞にスリルがほしいときに、良いスパイスとなるのが魅力です。 お気に入りのアバターを選んだら冒険ストーリーが始まるので、ギャンブルのドキドキと冒険のワクワクを一度に堪能できるでしょう。 そして「RPGといえばアバター」ということで、カジ旅では20キャラクター以上のアバターが用意されています。 カジ旅といえば、世界ではじめてRPG型カジノとして独特な世界観を作り出したのが魅力的な特徴として挙げられます。

日本は法治国家ですから、そもそもこのような法律に明文化されていない状況で逮捕することはできません。 従来の法律には当てはまらないオンラインカジノは、逮捕されるような正当な理由がないのが実情なのです。 Japan-101は、オンラインカジノに関する情報を提供する信頼性の高いウェブサイトです。

カジ旅フリー – 無料版の違法性や評判、本家サイトとの違いを比較

オンカジ 最新サイトは、登録方法がとても簡潔でシンプルな手順で登録が完了できるようになっています。 Kyc不要 オンカジとして利用できるかは、決済方法にもよりますが、KYCの手続きは、初回のみなので早めに済ませておくのがおすすめです。 オンラインカジノ 安全性で一番大切なことは、プレイヤーの個人情報を守るセキュリティーです。

ゲームの種類も豊富で、スロット、テーブルゲーム、ライブカジノに加え、スポーツベットとスクラッチも楽しめます。 今なら登録するだけでもらえる$40の無料ボーナスがあるので、まずは試しに遊んで、体験してみてください。 Eウォレットの中ではアイウォレットが使えないのはデメリットですね。

カジ旅フリーで遊べるゲーム一覧

200以上の国でオンラインカジノは合法的に運営されており、4,000万人以上のプレイヤーがオンラインカジノを楽しんでいます。 それ以降、日本ではオンラインカジノのプレイヤーが逮捕された事例はなく、警察も検察も逮捕・起訴できないプレイヤーを捕まえていません。 それが2016年にスマートライブカジノ事件があり、その当時に日本人プレイヤーが逮捕された事実があるということ。 だから日本の法律では違法とも合法とも言えず、グレーゾーンにあると考えられており、それがオンラインカジノ業界の考え方の基準になっています。 不安があるという方は個人情報の取り扱いについてはサイト内に記載があるため、しっかりと読んで判断するようにしましょう。 当サイトは、日本在住の方向けの勧誘を意図したサイトではございません。

  • 口コミで以前あったのが、【カジ旅】でプレイし、勝利して出金しようとしたら出金拒否されたというものです。
  • 府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。
  • ライブカジノ提携数は業界No1で、現在の提携数は15社と充実、好きな罫線や好みのディーラーからテーブルを選べます。
  • このページでは日本でカジノは違法だけど現実は…という日本の現状を説明しています。

北欧のカジノ愛好家がカジノの新たな可能性を切り拓くために開発したサイトがカジ旅で、その熱意とクオリティが評価されたのかもしれませんね。 賞を持っている実績は、カジ旅が面白いことの証明の1つと言えます。 ただし、出金可能額の最小と最大は決済方法により異なるため、1番のおすすめは20ドル〜10,000ドルまで対応しているPayzです。

カジ旅に入金ボーナスは?入金方法に仮想通貨は対応する?

サポート面でもカジ旅は高く評価されており、日本語ネイティブのスタッフが対応するため、ユーザーは言葉の壁を感じずにサポートを受けることができます。 オンラインカジノを利益目的で利用している方も多くいますが、カジ旅では趣味の一環としてゲーム感覚で楽しんでいる方も一定数いるようです。 https://kajitabija.com カジ旅は、ほかのオンラインカジノとは一線を画すオリジナリティに魅力を感じているプレイヤーが多くいます。

  • 日本の現在の法律から見ると、カジ旅を日本国内からプレイすることは違法行為には当たらないと言えるでしょう。
  • 日本の法律がオンラインカジノを想定していないので適法性を証明することもできませんが、違法性も証明できない。
  • そこに日本人である私たちプレイヤーがアクセスしてプレイします。
  • 最近はオンラインカジノサービスが増えているので「どのオンラインカジノを利用すれば良いか」悩んでいる方にこそおすすめです。

ノート・オブ・デスは、ヨルテッド社が提供するスロットで、フリースピンでは2タイプのキャラクターから1つ選んでプレイするスタイルが特徴的です。 一方で、本人確認書類を送信する場合、登録したメールアドレスから送らなければ受理されないため注意する必要があります。 しかし、カジ旅であればメール送信のみで本人確認が完了するため、ユーザーにとっては嬉しい仕様でしょう。 一般的なオンラインカジノでは、専用フォームにて1枚ずつ画像をアップロードしていく必要があり多くの手間がかかります。 https://kajitabija.com/bonus/ カジ旅で本人確認書類を提出するには、本人確認専用のサポートメールアドレス「」に画像を添付し送信するだけです。 さらに、登録していた住所や氏名が変更となった場合、累計で$2,000以上の出金申請を行った場合にも、追加書類の提出が必要となるケースがあります。

オンラインカジノ大辞典【2023年最新版】

マルタ共和国のライセンスは、ゲーミングライセンスの中でも取得が最も難しく、信頼できるライセンスです。 ただ、上の3つはカジノ側の話であり、なぜ3人だけが警察に目をつけられたのかというと『ブログでプレイ履歴を公開していたから』に他なりません。 正しくは、プレイしているスクリーンショットにアカウント ID が写っていたから狙われたわけです。 警察は、検察が起訴しないことを理解したうえで3人を逮捕し、『略式起訴にすることで日本人プレイヤーを抑制する』というシナリオを描いていたと考えられます。 この事件は、増えすぎてしまった日本人プレイヤーを牽制するため裁判になる前に略式起訴で有罪にしようと警察がむりやり逮捕した事件だと考えられます。

  • などと紹介しており、これはインターネットカジノをプレイした事例でもあります。
  • キャッシュバックボーナスは、たとえ勝負に負けたとしても賭け金の一部が還元されるため、遊ぶほど損失額を抑えることが可能です。
  • 演出をカットしてスピードを重視する方は自動プレイを「オン」にして、演出を見たい方は自動プレイを「オフ」にしてください。
  • だからこそ、今のうちに安心してオンラインカジノを楽しんでおきましょう。
  • 悪質なオンラインカジノの中には、様々な理由で出金遅延をするオンラインカジノがあります。
  • エルドアカジノ等ライブカジノに力を入れているライブカジノはプロバイダーの数が多く様々な雰囲気のライブカジノで楽しむ事が出来ます。

黒川氏自体の処罰も軽い略式起訴(書面のみの起訴手続き)であり、明確な違法の状況でも十分な取り締まりができていないと言えます。 1人2つ以上アカウントを持っているとわかったら全てのアカウントは閉鎖されますので気をつけて下さいね。 遊ぶ王国も選べるし、その王国でボスを倒すとアイテムを獲得できるっていうおもしろいシステムになってるよ。

サイト内通貨が手軽にゲットできる

ラジオを通してゲームの実況を聞くことで自分もプレイしているような気持ちになることや、知っている芸能人がプレイしていることから、カジ旅がより身近で安全なものに感じられます。 カジ旅の運営会社は日本オンラインカジノのパイオニア「インターカジノ」も運営しており、大手ソフトウェア会社のゲームを導入しているので、イカサマもできません。 カジ旅のボーナスは他のオンラインカジノに比べてもお得になっています。 特に入金不要ボーナスは$40貰え最大$500出金する事が出来ます。 初回入金ボーナスは$100&フリースピン100回分等入金後のボーナスも凄くなっています。

ただし、出金手数料が高いところは「5%」も差し引かれるオンラインカジノもあるため、カジ旅だけが「法外な手数料」とまでは言えないでしょう。 利用規約違反や運営側の都合でアカウント削除されることはあります。 また、6ヶ月利用された様子がなく、会社からの連絡に何も反応しなければ削除できる、とあります。

利用規約が変わって一部手数料が発生するようになった

日本からのアクセスはそのうちの69.23%なので 12万8749 PV となります。 『興味はあるけど怖くて登録できない』『納得してから判断したい』そんなあなたのお役に立てれば幸いです。 豊富な決済方法と豊富なゲーミングプロバイダーが用意されているので、好みのスタイルで遊ぶことができます。 すべての入金に10%のリロードボーナスがついたり、ウィークリーキャッシュリベートがもらえるメリットも。

  • カジ旅は2020年夏頃からかなり頻繁に規約を変更していることで、ユーザーから多くの不信感を集めるようになりました。
  • もともと戦前の刑法でも賭博は禁止されており、戦後直後も「健康で文化的な社会の基礎を成す勤労の美風(憲法二七条一項参照)を害する」として厳重に処罰していました。
  • まさにカジノの中心地かのような国、マルタを拠点に運営されているカジ旅ですので、違法性なく、マルタ国の法律に基づいて世界で遊ばれているのは疑いようがありません。
  • たとえば、スロットは賭け金の100%、ライブカジノは賭け金の10%として出金条件にカウントされます。
  • オンラインカジノも好きで主にスロットやポーカーで楽しむプレイヤー。

カジ旅がライセンスを持ち続けられているという事は、これら2つを常にクリアし続けているという事でもあり、この事実もカジ旅の信頼の証といえます。 ここまで規模の大きなオンラインカジノの運営会社はそう多くはなく、それだけ信頼できるオンラインカジノであることが分かるでしょう。 上でも述べた通り、オンラインカジノに対してどことなく不安を感じておられる方も多いのではないでしょうか? 実際、オンラインカジノは全く新しいギャンブルの形であり、これまでのギャンブルのように実際にゲームが行われている場で賭けを行うものばかりではありません。 さらに運営元は全て海外の企業という点を考えると不安を覚えるほうが自然です。 法律的な視点からはカジ旅のプレイが問題ないことが分かった所で、今度はカジ旅のようなオンラインカジノ自体は安全なのか、という点について見ていきます。